漫画全巻ナビ > ろくでなしBLUES

ろくでなしBLUES

作品名: ろくでなしBLUES
作品名(読み): ろくでなしぶるーす
単行本: 1-42巻 全巻 / 文庫版1−25巻全巻
作者: 森田まさのり
出版社: 集英社

ろくでなしBLUESのまとめ買いができるサイト比較

※中古・新品とも売り切れてしまう場合もありますのでご了承ください。

全巻漫画ドットコム


作品紹介

あの大ヒット漫画、ろくでなしBLUESも連載が終了し、今では文庫版も全巻まとめ買いすることができるようになりました。単行本は1巻から42巻(全巻)で完結。文庫版は1巻から25巻で完結しています。

森田まさのりの大ヒット作、「ろくでなしBLUES」の連載がスタートしたのは1988年。そこから1997年まで連載は続きました。

「ろくでなしBLUES」はプロボクサーを目指して上京してきた前田太尊と彼ととりまく人物達が引き起こす様々な事件や出来事がテンポよく展開されている。

■「ろくでなしBLUES」のストーリー展開 / 文庫版第1巻から

第1巻 - 帝拳高校にやってきた暴れん坊、前田太尊。ボクシング部で停学中の畑中が戻ってきて事件は起こる・・・

第2巻 - オリンピックを目指す畑中の試合が近づいた。畑中に因縁がある平仲と対立した前田太尊だったが、試合が終わるまで手は出せない・・・。どうなる、太尊?

第3巻 - 千秋に恋心を寄せる前田太尊に、新たな強敵が現れた。その名も米商の島袋!二人の対決はどうなる?!

第4巻 - ろくでなしBLUES文庫版第4巻。元プロボクサーの原田が前田太尊の前に現れた。彼は網膜剥離でライセンスを剥奪され、やる気もなにも失っていた。そんな彼に太尊は・・・。

第5巻 - 太尊の父が危篤に。それでも実家に行こうとしない太尊に千秋が説得を試みるが・・・

第6巻 - 極東高校の番町、辰吉に追われる太尊だったが、弟の用高が辰吉につかまった・・・

第7巻 - 網膜剥離でライセンスを剥奪された原田成吉だったが、アメリカで手術をうけ、見事手術は成功。しかし、今度は日本のルールに道を阻まれる。成吉に告白された千秋だったが・・・

第8巻 - 原田成吉のプロ再起がきまった!彼の試合を見に行った太尊だったが、勝利した彼を見て複雑な思いに・・・。いきなりリングに駆け上がった太尊は・・・

第9巻 - 渋谷のボス、鬼塚の怒りを買った太尊。吉祥寺へと殴りこみをかける鬼塚に太尊はどうする・・・

第10巻 - 鬼塚と太尊の死闘がはじまった。闘いを制したのは一体・・・?

第11巻 - 「ろくでなしBLUES」文庫版、第11巻。新入生の海老原は太尊を敵視していたが、太尊は無視。そんな中、海老原が太尊を慕うヒロトにケガを負わせて・・・

第12巻 - 四天王の1人、薬師寺が中学の同級生だった千秋に告白したが、断られていた。そんな千秋を連れ去った薬師寺を太尊が追う!

第13巻 - 部員の停学処分などから窮地に経たされた帝拳ボクシング部だったが・・・

第14巻 - スパーリングで横浜の渡嘉敷に完敗してしまった太尊。しかし、プロボクサーの成吉からある秘策を伝授されたが・・・試合の行方は・・・

第15巻 - 太尊vs渡嘉敷の闘いがいよいよクライマックスへ!どうする太尊?

第16巻 - 渋谷の鬼塚、浅草の薬師寺までもが池袋の葛西にやられた!池袋いへと向かった太尊だったが・・・

第17巻 - 葛西にまったく歯がたたなかった太尊だったが、今度は吉祥寺で闘いを挑む。今度の闘いの行方は・・・・?

第18巻 - ついに葛西とのタイマン勝負がはじまった。葛西の悩みが明らかになる。そして太尊との勝負はどうなる?

第19巻 - プロボクサー原田は日本のタイトルを獲得し、渡米を決意する。そんな原田に千秋のことを迫られる太尊。太尊は原田との勝負に決着をつける・・・!

第20巻 - 大阪に帰省した太尊。極東高校の川島に不意をつかれた弟、用高に太尊はどうする?

第21巻 - 川島の恨みをかった太尊。四天王が加わった太尊軍団は、川島の極東高校150人と対決に挑む!

第22巻 - 太尊と川島の死闘が続く。そして思わぬ事態が発生して・・・

第23巻 - 太尊を慕っていたヒロトだったが、自分のエゴから太尊とタイマン勝負をすることになり・・・

第24巻 - 卒業が近づいてきた。プロテストに挑む太尊だったが、千秋がその会場で3人組にからまれる。千秋はある人物に助けられるが、その彼は重症を負ってしまう。その彼はなんと太尊の対戦相手だった!

第25巻 - 「ろくでなしBLUES」文庫版いよいよ最終巻へ。千秋を助けた人物、白井。ところが、実は白井は影の黒幕だった。どうする太尊。いよいよ感動の最終話が!!

「ろくでなしBLUES」文庫版、まとめ買いでじっくり読むのも楽しいですよ。