漫画全巻ナビ > 修羅の門

修羅の門

作品名: 修羅の門
作品名(読み): しゅらのもん
単行本: 1-31巻 全巻 / 文庫版 全15巻
作者: 川原正敏
出版社: 講談社

修羅の門のまとめ買いができるサイト比較

※中古・新品とも売り切れてしまう場合もありますのでご了承ください。

全巻漫画ドットコム

作品紹介

修羅の門は川原正敏が描く、格闘漫画です。修羅の門の連載は月刊少年マガジンにて1987年にスタートしています。それから9年間、1996年まで修羅の門の連載は継続されました。

単行本は第1巻から31巻(全巻)が発刊されていますし、修羅の門には文庫版もあり、文庫版の方は全部で15巻となっています(全巻)。

修羅の門は大きくわけて4つの舞台から構成されています。次々に現れる強敵に立ち向かう、古武術・陸奥圓明流の継承者、陸奥九十九。170センチと格闘家にしては小柄な体型から繰り出すスピードとパワーで相手を圧倒する。

そして最強の敵と出会ったとき、彼の中の修羅が目を覚ますのだった・・・!!

■修羅の門 文庫版のあらすじ〜

第1巻 - 修羅の門文庫版の第1巻。千年もの不敗神話を誇る武術、陸奥圓明流の継承者が現れた。少年の名は陸奥九十九。神武館を倒しにきた九十九相手に神武館の猛者が次々に襲いかかるのだった・・・

第2巻 - 神武館の四鬼竜のうち3人を次々に倒した九十九は最後の天才海堂と闘うことになる。無空波を見切られた九十九だったが・・・

第3巻 - 日本最強を決める闘いがはじまった。全日本異種格闘技選手権大会に出場した九十九は2回戦で天才と言われた羽山と対戦する。グローブを外した羽山に九十九はどうなるのか・・・

第4巻 - 飛田高明が九十九の前に現れた。脅威の肉体を持つ飛田高明に九十九はどうなる?

第5巻 - 全日本異種格闘技選手権の準決勝は神武館の“生ける武神”龍造寺徹心ともう1つの圓明流を継ぐ男、不破北斗だった・・・!!

第6巻 - 全日本異種格闘技選手権が終わった。そして九十九の新たな闘いがはじまる。あの九十九を苦しめた男、羽山を簡単に倒してしまったアリオス・キルレイン。この男を闘うため、九十九はボクシングのリングに上がる決意をするのだったが・・・

第7巻 - ついに九十九のボクシングの闘いがはじまった。世界へヴィ級王座統一トーナメントへの出場権を得た九十九は1回戦で人種差別をする男、ガンフォードと闘うことになる。「こぶしで語れ」という九十九とガンフォードの闘いがはじまった。

第8巻 - 神の声がきこえるという男、ローマンと闘うことになった九十九。阿修羅のごとき攻撃をしかける九十九だったが・・・

第10巻 - ついにアリオスと闘うことになった九十九。負傷した彼にアリオスの容赦ない攻撃が襲い掛かる。そしてついに九十九の中で修羅が目覚める!!

修羅の門 第11巻へと続く。続きは大人買いでまとめてどうぞ!